FX講座 チャート&ツール

【勝ち組になろう】FX成功者の共通点|優雅な暮らしを手に入れよう

FXで勝ち組に慣れる人は僅かに5%程度とされており、ほとんどの方は稼げていません。良くてトントンで、マイナスを背負っている方が実際には多いのです。一方で勝ち組の中には、年間で数千万円や1億円を超える稼ぎにつなげている方も少なくありません。

 

今回は、FX成功者の共通点についてお伝えします。稼げるノウハウが詰まっているので、初心者の方はぜひ参考にしてください。

 

 

FXで儲かっている人の共通点6個!

 

FXで年間1,000万年を超えるような利益を上げている人に共通する点を6つ紹介します。彼らは、どのようなことをして稼ぎにつなげているのでしょうか?

 

情報収集に力を入れている!

 

FXはギャンブルではなく投資であるため、正しい情報をいかに早く仕入れるかが重要です。だからこそ、多くの成功者は情報収集に多くの時間を割いています。

 

FX成功者は、1日あたり10時間や15時間チャートとにらめっこしていると思っていませんか?実際には 1日あたり4時間から5時間程度しか取引していない方が多いのです。そして取引するのと同じくらいの時間をかけて情報収集しています。

 

成功者がチェックしている情報の一つが、世界各国の要人発言です。各国のトップであるとか経済系大臣の発言は、為替に対して大きな影響を与えます。特にアメリカやヨーロッパ、そして中国などの主要国の要人発言には注目しなければなりません。

 

各国が発表する経済指標にも目を向ける必要があります。特にアメリカが発表する、雇用統計やISM製造業景気指数、貿易収支や製造業新規受注は市場に大きな影響を与える可能性があるためトレンド相場を生みやすい、といった特徴があります。事前の予想と変化がなければレンジ相場のままになりがちですが、大きく異なると一気に為替が動くので要注意です。

 

意外に思うかもしれませんが、株の情報も調べる必要があります。株価と為替は連動する傾向があるため、特に大企業の株価の上下には気を配りましょう。

 

勝率は気にしない

 

FX成功者は目先の1勝にはこだわりません。

 

考えてみましょう。 1万円の利益を上げる取引を10回したあとに、1回だけ100万円負けたたら勝率は9割を越えているのに損失額が勝っています。つまりFXはトータル収益が重要になるため、勝率は特に気にしないで良いのです。

 

FXには損切りという言葉があります。損切りとは、損失が大きくなる前にポジションを決済することを指しています。FXで重要になるのが「損失は小さく、利益は大きく」です。

 

たとえば1万円の損失が出る取引を10回したとしても、1回100万円勝てればプラスです。いかに損失を小さくするかを考え、その上で大きな勝利を目指すのがFX成功者の共通点です。

 

使い勝手の良いFX業者を使っている

 

FXで成功している方は、業者選びにも成功しています。では、良いFX業者にはどのような特徴があるのでしょうか?

 

  • 取引ツールが使いやすい
  • FX関連の情報量が多い
  • 各種セミナーを開催している
  • 約定力が高い
  • スプレッドが狭い

 

取引ツールに関しては、国内FXは業者が用意するものを利用します。一方で海外FXの場合は、メタトレーダー4と呼ばれる世界的にも愛用者が多いツールを利用できるのが一般的です。国内FX業者のツールが使いやすい場合は問題ありませんが、業者によっては使いにくいと感じることもあるので注意しましょう。その点、多機能なメタトレーダー4が使える海外FXのメリットは大きいです。

 

初心者は何に注目して取引したら良いのかわからない、という方が多いのではありませんか?各種コラムが読めたり、セミナーに参加できたりするFX業者もあります。

 

FXは予定している価格で売ったり買ったりできれば、100%儲けられるはずです。しかし業者によって約定力には差があり、決められた価格で購入できないこともあります。約定力については公表している業者もあるため、比較した上で口座開設するところを選びましょう。

 

スプレッドは、売りと買いの価格差を指しています。広ければ広いほど利益が少なくなるので、なるべくスプレッドが狭い業者を選びましょう。ちなみにドル円の場合は、1通貨あたり0.3銭以下のスプレッドだと有利な業者です。

 

取引は冷静に行う

 

FXには一定の法則があり、上がる時は上がりますし、下がる時は下がります。つまりそれぞれ状況に合わせて適切にポジションをとれば儲かるはずなのです。しかし多くの方は、取引する時に冷静さを失い、相場とは逆の流れで取引してしまいます。

 

自分で取引のルールを決め、ルールから外れたいい加減なトレードはやめてください。FX成功者の多くは、それぞれの状況に冷静に対処しているからこそ利益をあげられるのです。

 

メリハリをつけて生活する

 

取引をはじめると、生活の中心がFXになる方も少なくありません。しかし多くの方が兼業トレーダーなので、仕事に差し支えがあるような取引は差し控えるべきです。FX取引は週末以外24時間近く取引ができるため、仕事から帰ってきて朝方まで取引することも可能です。

 

睡眠不足に陥ると冷静な判断ができなくなります。集中力も低下するので、取引で失敗する確率も高くなるでしょう。

 

たとえば午後9時から午前0時まで取引する、と決めて他の時間は手を出さないようにするのもおすすめです。生活にメリハリを付けられれば、取引により集中できるようになります。

 

トレンドライン・移動平均線などの指標を参考にする

 

FX成功者は雰囲気で取引することはありません。必ず根拠を持って、売りや買いのポジションを得ているのです。

 

では、その根拠とは何なのでしょうか?前述したように経済指標や要人発言も関わりますが、注目して欲しいのがトレンドライン・移動平均線です。

 

トレンドライン・移動平均線はチャートから確認できるものであり、取引の指標になります。

 

トレンドラインとは、相場の支持線と抵抗線を指しています。トレンド相場の時は一定方向にチャートが動くので、ドレンドラインを見ることでその流れが把握できます。

 

移動平均線とは、一定期間の価格の平均を表した線です。線が重なり合っている時はレンジ相場、多くの線が一定方向に向かっている場合はトレンド相場です。

 

初心者の方はわかりにくい部分ではありますが、トレンドライン・移動平均線は覚えておいて損はありません。まだ取引に参加していない方は、この機会にチャートの見方を覚えましょう。

 

 

FXで負ける人の共通点3つ!

 

今度は逆にFXはで負けてしまう人の特徴を確認してみましょう。もし該当している場合は要注意です。

 

資金管理しない

 

FXで負ける人の多くは、レバレッジ限界で勝負しています。国内FXのレバレッジ上限は25倍で、海外FXは規制がありません。

 

少しでも大きく儲けようとすると、どうしてもレバレッジが高くなり、結局ロスカットされて証拠金を失います。レバレッジを管理できない方は、FXでは成功できません!

 

特に初心者の場合は、高レバレッジでの取引は厳禁です。なるべく10倍以下に抑えるようにしましょう。低レバレッジであれば、損失が出てもロスカットされることはありません。損失額も低く抑えられるので、損切りも気軽に行えます。

 

取引に一貫性がない

 

  • 価格が上がりそうだから買ってみる
  • 価格が下がりそうだから売ってみる

 

以上のような何も根拠のない、雰囲気のようなもので取引をすると失敗します。FXの値動きには一貫性があります。レンジ相場はいつか終わり、ドレンド相場になります。トレンド相場にも終わりがあり、いずれはレンジ相場に戻ります。

 

経済指標の結果が良ければその国の通貨が強くなり、悪ければその国の通貨が弱くなるのです。

 

FXで成功したいのであれば取引に一貫性をもたせましょう。

 

長期予測をしている

 

数カ月先や1年先の相場を予測しようとしていませんか?短期的な相場予測はできても、長期的な相場予測はできません。

 

そもそも2019年に、2020年の新型コロナによる金融危機を予測できたでしょうか?不測な事態が発生することもあるため、特に初心者は長期予測をやめましょう。

 

当日の値動き、または数日間の値動き程度を予測するのに留めるべきです。

 

 

まとめ

FX成功者の共通点を徹底解説してみました。

 

FX成功者は、取引時間よりも長く情報収集していることが一般的です。相場の動きには必ず根拠があるため、各種情報を集めた上で適切に判断できればFXで勝てるのです。

 

他にも勝率ではなくトータル収益に注目して取引する、使い勝手の良いFXで業者を利用しているなどの共通点も見いだせます。一つ一つの勝負に拘るのではなく、総額で勝てばよいのがFXです。勝率9割でも1回の負けでロスカットされては意味がありません。

 

FXで負ける人の共通点も紹介したので、この機会にチェックしてください。当てはまっている項目があったら、すぐに改めましょう。

 

 

-FX講座, チャート&ツール

Copyright© ゼロ円から始める海外FX  , 2020 All Rights Reserved.