FX講座

ローリスクで目標月10万!FX初心者の主婦が稼ぐ方法3つと失敗しないコツ

 

「FXで億単位の損失を出した」なんて話を聞くと怖くなるでしょう。しかし、FXはローリスクで行うことも十分に可能です。月に10万円程度の稼ぎで良いのであれば、大きなリスクを背負う必要はありません!

 

今回は、FXで初心者の主婦に向けて誰にでも出来る失敗しないコツを徹底解説します。これからFX口座を開こうと思っている方は必見です!

 

 

<H2>初心者主婦がFXで月10万稼ぐ方法3つ!

 

初心者主婦がFXで月に10万円を稼ぐ具体的なトレード方法について徹底解説します。もちろんどれが正解といった話ではないので、自分にあっていると思われるものを見つけ出しチャレンジしてみてください。

 

<H3>スワップと為替差益で稼ぐ(スイングトレード)

 

FXは通常為替差益で儲けるものです。しかしスイングトレードとは為替差益にプラスして、スワップによる利益も考慮に入れて行われます。

 

スイングトレードとは、2、3日から数週間の短期間で売買を完結させるトレード手法です。現物取引でも可能ですが、資金効率、取引コストを考慮すれば、レバレッジを効かせられる信用取引に適した取引手法といえます。

引用:SMBC日興証券

 

日本円は低金利なので、一般的に外国為替を購入すると金利が得られます。取引額にもよりますが、1日あたり数十円から数百円のスワップポイントが得られることも考えられるので、為替差益が少なかったとしても十分に利益があげられるわけです。

 

ただスワップポイント狙いの場合は、取引の方向性が一辺倒になりやすいため為替差損が出ることも珍しくありません。逆のトレンドに入ってしまった場合は、すぐに損切りして損失が大きくならないように努めましょう。

 

<H3>円キャリー取引(スワップポイント狙い)

 

超低金利である日本円を売り、高金利通貨を購入することでスワップポイントを得る取引方法です。金利だけを求めるタイプの取引手法なので、基本的にはポジションを長期保有します。

 

では、どこの通貨を狙ったら良いのでしょうか?基本的には新興国狙いになるでしょう。トルコリラや南アフリカランド、メキシコペソあたりが狙い目です。オセアニア通貨のNZドルや豪ドルを狙う方法もあります。

 

スワップポイント狙いの取引の場合は、数ヶ月や1年単位の取引になることも珍しくありません。しかし高金利通貨を1年間保有すると数万円の金利が得られることもあります。為替差損をカバーできる可能性もあるため、主婦にもおすすめの取引方法です。

 

ただレバレッジは低めにしないと、ちょっとした為替の変動でロスカットされる恐れもあるので注意してください。

 

<H3>スキャルピング

 

僅かな利益を狙って取引を繰り返すのがスキャルピングトレードです。5pipsや10pipsといった小幅な利益を狙うわけですが、その取引を数十回や数百回繰り返して実施するので、総合すると大きな利益につながるわけです。

 

スキャルピングトレードは、いつでも行えるわけではありません。一定の範囲内で値が上下する、いわゆるレンジ相場のときでなければうまくいきません。トレンド相場に突入している状態の時は避けましょう。

 

ちなみに相場70%がレンジとされています。トレンド相場は残りの30%程度なので、比較的長い期間に渡ってスキャルピングトレードで対応できるはずです。

 

 

<H2>初心者主婦がFXで失敗しないコツ5選!

 

初心者主婦でも月に10万円を稼ぐ取引方法を3つ紹介しましたが、まだ不安な方も当然いるでしょう。そこでおすすめしたいのが、ここで紹介するFXは通常で失敗しない5つのコツです。FXの勉強にもなるため、特に初心者の方は参考にしてください。

 

<H3>デモ口座で練習する

 

FX取引ですが、いきなりお金を使って行うのに不安を覚える主婦も多いはずです。そこで無料でお試し取引をしてみましょう。無料のお試し取引として注目して欲しいのがデモ口座です。

 

デモ口座とはFX会社が用意しているものであり、実際のチャートでお金をかけずに取引を行うものです。取引の流れを覚えるのはもちろんですが、チャートの見方や決済の練習にもなります。

 

前述した3つの主婦におすすめのトレード方法もデモ口座で練習できます。

 

デモ口座の良いところは、取引で失敗しても損失が出ないところです。FX取引で勝率100%はありえません。必ず負けることもあるわけですが、デモ口座であれば懐を痛めずに失敗経験が出来るわけです。

 

<H3>国内FX会社で口座を開設する

 

将来的に海外FX取引にチャレンジすることは否定しません。しかし初心者主婦がいきなり海外FX取引にチャレンジするのは、おすすめできないのが正直なところです。

 

国内FXと海外FXには、大きな違いがあります。

 

比較項目 国内FX 海外FX
レバレッジ 最大25倍 数百倍から数千倍
スプレッド 0.2pipsから0.5pis 1pipsから2pips
ロスカットの基準 50%から100% 0%から50%
信託保全 義務化 業者による

 

特に注目して欲しいのがレバレッジです。国内FXはレバレッジ規制があるため最大25倍に限定されています。しかし海外FXは規制がないため、数百倍から中には1,000倍や4,000倍という業者まであります。

 

レバレッジが高いと利益がより大きくなる反面、損失も大きくなります。1,000倍などになると、ちょっとした値動きにも耐えられなくなり、結果としてロスカットされて損失が確定されてしまうのです。

 

月に数百万円稼ぎたい、という方であればギャンブルのような海外FXを狙うのも良いかもしれません。しかし月に10万円程度でよいのであれば、低レバレッジな国内FXがおすすめです。

 

また海外FXの中には出金拒否する業者もいるとされているので、チャレンジする場合には評判などを確かめましょう。

 

<H3>チャートの見方を覚える

 

初心者主婦の頭を悩ませるのがチャートの見方でしょう。

 

チャートのすべてを理解する必要はありませんが、特に注目して欲しいのが移動平均線です。移動平均線を見ることで、レンジ相場なのか、それともトレンド相場なのかが分かります。

 

複数の移動平均線を表示させ、それぞれの線が重なり合っている状態だとレンジ相場です。スキャルピングトレードにおすすめの状態と言えます。

 

一方で移動平均線が重なり合わずに一方方向に向かっている場合は、トレンド相場に入っていると考えられます。波に乗って、相場通りに売り買いすることで利益が得られる可能性が高くなります。

 

<H3>損切りをルール化する

 

FX初心者がハマりがちなのが、損失を大きくしてしまう、というもの。プラス転じると思って、ポジションを持ち越してしまうのです。しかしトレンド相場になると、どこまで行くのかわかりません。結果、膨大な損失が出てロスカットされるケースも珍しいわけではありません。

 

FXの初心者は損切りルールを必ず設定し、その値になったら何も考えずに切ってください。損失を最小に食い止めるのも、FXで月に10万稼ぐためには必要なことです。

 

たとえば1通貨あたりの損失が30銭を超えたら損切りするように、予約注文しておくのもおすすめです。逆指値と呼ばれるものですが、有効に利用することで損失管理をシステム化できます。

 

<H3>業者のルールを頭に入れる

 

FX業者は、それぞれが独自のルールを設定しています。その中でも特に注目して欲しいのがロスカットです。

 

ロスカットとは証拠金維持率が一定以下になると強制決済されることを指してます。業者によってその証拠金維持率に大きな違いがあります。100%としている業者もあれば50%としている業者もあります。

 

ロスカットされると損失が確定されるため、証拠金の管理が極めて大事になります。ただ損失が出ているからと言って、証拠金を入金するのはやめてください。損失がさらに大きくなる恐れもあるため、前述した損切りを検討しましょう。

 

 

<H2>まとめ

 

FX初心者の主婦が稼ぐ方法3つと失敗しないコツをお伝えしました。

 

おすすめのトレード方法としては、スイングトレード・スワップ狙い・スキャルピングトレードがあります。それぞれにメリットが有るため、状況に合わせて使い分けましょう。

 

たとえばトレンド相場であればスイングトレードがおすすめです。レンジ相場であればスワップ狙いやスキャルピングトレードがおすすめでしょう。

 

失敗しないコツを5つ紹介しました。まずはデモ口座で練習し、その上で国内FXを選んでください。あとはチャートの見方や損切りルールを決めれば、リスクは大きく減ります。

 

主婦でもFX取引で稼ぐことは十分に可能です。今回紹介した取引方法や失敗しないコツを参考にしていただき、月に10万円を目指して頑張ってみましょう!

-FX講座

Copyright© ゼロ円から始める海外FX  , 2020 All Rights Reserved.