FX講座

【初心者必見】FXの仕組みをどこよりも分かりやすく具体的に解説!

FXに興味があるけど内容がよくわからないので手を出していない、という方も多いのではありませんか?儲かることもあれば損することもあるのがFXになので、わからない部分がある状態で始めるのはおすすめできません。

 

こちらではFXの仕組みを簡単にわかりやすく、より具体的に解説します。読めばFXのシステムが理解できるので、安心して始められます。ぜひじっくり読んでみてください。

 

 

<H2>FXってなんだ?

 

FXForeign Excahange

FX取引の正式名称は、「外国為替証拠金取引」です。外国為替については理解できるでしょう。日本人から見ると、米ドルであったり、英ポンドだったりなどを指しています。問題となってくるのが「証拠金」という部分ではありませんか?

 

<H3>証拠金ってなんだ?

 

FX取引は通貨の売買時に発生した差額を受け渡す取引です。よって取引金額のすべてを準備する必要がない、といった考えのもと、もしも損失が出た場合に一定の金銭を預けておくシステムが構築されました。それが証拠金です。

 

一定のお金を預け入れておき、その金銭をもとにして取引するのを「証拠金取引」と呼ぶわけです。

 

証拠金はレバレッジ効果を生みます。

 

<H3>レバレッジとは?

 

少ない資金で大きな取引をすることをレバレッジと呼んでいます。たとえばレバレッジが2倍であれば、5万円の証拠金で10万円分の取引をすることを指しています。10倍なら50万円分の取引ができます。

 

日本ではレバレッジに規制がかかっており、最大で25倍までとされています。つまり10万円の証拠金であれば250万円分まで取引できるのです。一方で、海外の場合はレバレッジに規制がありません。数百倍や数千倍の取引を認める業者もあります。

 

レバレッジの高さに関しては、一長一短あります。レバレッジが高ければ、より少ない資金で取引が開始できます。一方でレバレッジが高いと、損失が出た時も大きくなるのです。レバレッジが1,000倍であれば、損失が1,000倍になることもあるわけです。

 

安全性を求めるのであれば、なるべく低レバレッジで取引しましょう。

 

 

<H2>初心者必見!FX取引で利益が出るパターンとは?

 

FX取引は取引で利益が出るパターンは主に3つあります。一つずつ解説していくので、ぜひ参考にしてください。

 

<H3>買った通貨の価値が高くなった

 

たとえば米ドルを1ドル105円で購入したとします。その米ドルが1ドル107円になった時に売ったとします。その場合は、1通貨あたり2円の利益が出たことになります。1,000ドル買っていたら2,000円の利益になり、10,000ドル購入していたら20,000円の利益になります。

 

前述したように、FX取引はレバレッジに対応しているため10,000ドル程度の取引も少ない手持ちで始められます。25倍のレバレッジであれば、1ドル100円の時に10,000ドルの購入に必要なのは40,000円です。少額しか持っていなかったとしても、大きな利益を掴むチャンスがFXにはあるわけです。

 

<H3>売りから入った通貨が安くなった

 

FX取引は、購入から入らなければならないわけではありません。実は、売りからも入れます。

 

たとえば米ドルを1ドル110円の時に売りの注文を出したとします。その後米ドルの価値が下がり1ドルあたり107円になったとします。その時点で決済すると1ドルあたり3円の利益が発生したことになるのです。

 

つまり「高く売って安く購入」した場合も利益に繋がります。FX取引は現物売買ではないため、必ずしも購入から入る必要はありません。値下がりする可能性のある通貨の取引でも、利益を挙げられるチャンスがあるのです。

 

<H3>スワップポイント(金利)

 

それぞれの通貨に金利があることはご存知でしょうか?日本の場合は長らくゼロ金利政策を実施しているので、あまり意識していないかもしれませんが世界には高金利通貨と呼ばれるものがいくつもあります。

 

金利と聞くとイメージするのは預金でしょうか?貯金をすると一定の金利がつくわけですが、FXの場合はマイナスになることもあるので気をつけましょう。

 

各通貨には、それぞれ金利が設定されています。たとえば低金利の通貨を売って、高金利の通貨を買うとスワップポイント(金利)が得られます。逆に高金利の通貨を売って、低金利の通貨を購入するとスワップポイントを支払わなければなりません。つまりマイナスになる可能性もあるのです。

 

ただ、日本円は各通貨の中でも金利の低さは屈指です。よって日本円をベースとして取引する場合は、スワップポイントが得られる可能性が高くなります。

 

高金利通貨として知られているのは、以下のものです。

 

  • 南アフリカランド
  • トルコリラ
  • NZドル
  • 豪ドル
  • メキシコペソ
  • ロシアルーブル

 

基本的に高単価通貨は発展途上国のものが多く、かなり不安定なことでも知られています。上下しやすいので、大きな損失を抱えることもあるため「金利目的で購入したのに為替差損益でマイナスになる」というケースも珍しいわけではありません。

 

高金利通貨は高い利回りを享受できる反面、当該国の政治・経済基盤の脆弱性によるリスクも抱えている点に注意を要します。またマイナスの事態が発生すると、その国の株、債券、為替相場などのボラティリティ―(価格変動性)が大きくなりやすい特徴があります。

 

引用:公益財団法人 国際通貨研究所

 

スワップポイント目的で取引する場合は、なるべくレバレッジを低く設定しましょう。20%や30%の価格変動が起きることもあるので、耐えられるように数倍程度をおすすめします。

 

またスワップポイントに関しては、FXには業者により設定が大きく異なります。より有利な業者を選んで利用することも考えておく必要があるでしょう。

 

 

<H2>外貨預金とFXの違いとは?

 

外国為替で利益を挙げられるのは、なにもFXだけではありません。外貨預金と呼ばれる手法も存在しています。実際に外貨預金を行った経験がある方も多いのではありませんか?

 

こちらでは、外貨預金とFXの違いについて詳しく解説します。

 

<H3>レバレッジの有無

 

  • 外貨預金・・・レバレッジなし
  • FX・・・レバレッジあり

 

FXは少ない手持ちで大きな取引が出来るレバレッジがあります。しかし外貨預金はその名のとおりに預金なので、レバレッジは一切ありません。大きな金利を得ようとする場合は、一定の資金力が必要になるわけです。

 

FXでも金利(スワップポイント)が得られますが、レバレッジ分ももらえます。つまり10倍のレバレッジであれば、金利も10倍もらえるわけです。

 

<H3>取引時間

 

  • 外貨預金・・・銀行の営業時間
  • FX・・・24時間(土曜日曜除く)

 

外貨預金は、主に銀行の営業時間内でなければ取引できません。FXに関してはほぼ24時間取引ができるため、深夜でも朝方でも対応可能です。取引の自由度という面では、FXが圧倒的に勝っているのです。

 

<H3>スプレッド

 

  • 外貨預金・・・広い
  • FX・・・狭い

 

スプレッドとは取引手数料のようなもので、売値と買値の差のことを指します。たとえば1米ドルの買値は107円30銭、売値は107円25銭の場合は1ドルあたり5銭のスプレッドとなります。

 

外貨預金の場合は、とにかくスプレッドが広く設定されています。通貨によっては1通貨あたり50銭や1円近くになることも珍しいわけではありません。つまり外貨預金の場合は為替差損益で損失が出やすいのです。

 

FXでは米ドルの場合、1通貨あたり0.3銭などと狭く設定されているため為替差損益で利益が出やすいです。

 

 

<H2>まとめ

 

FXの仕組みをお伝えしました。

 

証拠金取引のシステムを理解できれば、FX取引については取引がどのようなものであるかも分かるはずです。レバレッジにも証拠金は大きく関わっています。

 

FX取引で利益が出るパターンについてもお伝えしました。

 

  • 通貨を安く買って高く売る
  • 通貨を高く売って安く買う
  • 金利の高い通貨を購入する

 

以上の3つのパターンのうち、どの方法で利益を得るか取引前に決めてください。もちろん同時に複数の取引を行うことも可能です。

 

ただ初心者の場合は、複数のパターンでいきなり取引するのはハードルが高いです。まずは一つに絞って利益を狙いましょう。

-FX講座

Copyright© ゼロ円から始める海外FX  , 2020 All Rights Reserved.