FX講座

海外FXで一攫千金を狙え!ハイレバレッジトレードのメリット・デメリット

 

日本のFX会社の場合、日本の法律により証拠金の25倍までの取引が可能と金融取引法により決まっています。そのため、資本金が最低でも100万円ぐらい用意できないと潤沢な取引が行えません。利益を出すよりも、損切りができず私は市場から退場することになる可能性が高くなると予想します。そこで今回は、海外FXのハイレバレッジを使ったトレードのメリット・デメリットと一攫千金を狙う際のおすすめのトレード手法を紹介します。

 

海外FXでのハイレバレッジのメリット

海外FXの最大の魅力は、資金力がない初心者トレーダーでも10万円を元手に数カ月で1000万円という大金を誰もが手に入れるチャンスがあるというところです。なぜ、元手が少額でも大金に増やすことができるチャンスがあるのかそれは海外FX会社の場合はハイレバレッジで取引をすることができるからです。海外FX会社のXMの場合、元手の最大888倍もの額を動かすことが可能です。これは、何を意味するのかというと元手10万円だった場合その888倍である8880万円を動かすことができるのです。(あくまでドルを100円で計算した場合)大きい額を動かせるということは、その分少しレートが動いただけで利益が出るので少額で大金を掴むことができるのです。まさに、海外FXは元手が少ない人でも夢を見ることができるメリットを持ちいいトレードを行うことができるのでおすすめです。また、ハイレバレッジだから思った方向と違った方向に急激にレートが動いたとしてもゼロカットシステムにより証拠金を全部失うことはあっても日本のFX会社のように維持率が低くなってポジションを維持しようとするためにロストカットになるのを防ぐ追証により借金をしてまでトレードをするということはないのでその点に関しては安心です。

 

海外FXでのハイレバレッジのデメリット

ハイレバレッジなので、少額で大金を手に入れるチャンスがある反面デメリットも勿論あります。それは、自分が思っているレートの動きをせず逆の方向にレートが動いた時です。株式投資や仮想通貨でも同じことが言えるのですが、プラスになった時の利益確定が早くまた損失が出ている時の損切りが遅いことを表す損小利大という言葉があるのですがこれを出来ない人は投資自体に向かないです。それは何故かというと、競馬などのギャンブルや投資どちらにも言えることですが勝負というのは時の運であり百戦百勝は敏腕トレーダーでも無理だからです。ポジションを持ったり、解除したりを繰り返し粗利で利益を出すFXには特に言えることなのですが試行回数が増えれば増えるほど確率は収束します。FXは上がるか下がるかの2択にみえますが実際はそんな簡単なものではありません。市場で、勝ち続けることが出来る人は1割にも満たず約9割の人は負けるのです。人間心理では、負けがこんでくると少しでも利益が出るとすぐ確定しようとするのでその結果もっと儲けられるはずだったのに買い継続のシグナルを見落としてしまい利益が少なくなってしまうということが起きます。同様に、損をしたくがない為にいつかはレートが戻るだろうと思い損切りが遅くなってしまいその結果、損失が多きくなりゼロカットになり軍資金を失い市場から退場することになってしまうことがあります。

要するに、デメリットとしては利益が短期間で出しやすい反面資金管理がしっかりと出来ないとゼロカットの対象になりやすいということです。増やしたいという欲が出るのは人間ですので分からなくもないですが、しかし減った時のリスクを考えることが出来ないと資金がショートする恐れがあります。では、そうならないようにする為にはどうしたらいいのか?次の項目で紹介します!

 

利益確定と損切りのマイルールをしっかりと作る!

メリットである、少額の元手で大金を手に入れることができるチャンスがあるのでその手段を活かさない手はないです。ですが、デメリットでもある元手が減るスピードが速く急な価格変動でゼロカットになる可能性があるのでそれらを避けるために自分なりのトレードルールを作りましょう!一例として参考にしていただけたらと思うのですが、私は下記のことを意識してトレードを行っていました。

 

  • 利益確定は10~20pips
  • 損切りは3pips
  • 〇カ月で〇〇〇万円を目標にトレードを行う!

 

これらに気を付けて、トレードを行っていました。

順に紹介していくと、利益が出ると早く利確したいと思いついついポジションをリセットしがちですがそれではいけません。さっきも言った通り、どんなに凄い人でも百戦百勝は不可能です。なので、勝てる時に大きく勝っておき次のトレードの際の貯金を作っておこうというのが利益を沢山出す為のコツです。利確を早くしてしまうと、折角きたチャンスをふいにすることになってしまいます。FXにおいて、勝率が9割取ることでなく月間で又は年間を通算して勝率が6割だったとしても利益率が高くなればいいのです。全てのトレードで勝つと考えるのではなく負ける時は賢く小さく負けるのは長期的にみて通算で勝つためには必要必須なことなので目先の利益にとらわれるのではなく長期的な目線でトレードにのぞみましょう。

なので、私は上記のように利益はすぐに利確するのではなく粘って10~20pipsは取れるようにチャートやシグナルなどをひたすら勉強しました。その結果、利益を沢山出すことが出来てお金を増やすことに成功しました。

また、損を少額に抑える為に損切りは3pipsまでと決めていました。自分が予想した方向と逆にレートが動いている訳ですから潔く負けを早く認めて損を小さく済むようにジャッジを下す必頭があります。損切りのタイミングを間違えると、今までに出した利益を失うばかりか元手を減らす恐れに繋がる可能性もあるのです。

最後に、〇カ月後に〇〇〇万円を稼ぎたいという気持ちを形にすることでトレードをする上でのモチベーションが上がり励みになります。〇カ月までに、〇万円に増やしたいという目標があれあればそうする為には損切りが必須になるのでトレードする際はマイルールをしっかりと作りトレードを行いましょう。では、どのようにしてトレードを行ったのか手法の一部を公開します。

 

証拠金維持率と100pips獲得を目標にして頑張る!

ハイレバレッジでトレードできるということは、利益も損失も大きくなる可能性があるということです。大きく儲ける為には、資金管理が大切になります。

私が行ったトレード方法ですが、888倍というハイレバレッジで取引が出来るので証拠金の維持率が800%を切らないようにしました。10万円という小さな元手でFXをすることができるので、1lotから取引をしてまずは10万円を20万円にすることを目標にします。

資金を倍にするには、100pips(約1$)が必要です。上記で挙げたトレードルールを守りつつ無理のないペースで増やすことを意識して売を目指します。

そして、ノルマを達成したところで次は40万円です。倍プッシュという形ですが、元は10万円から始めているので怖いと思う気持ちは捨てましょう。そして、倍プッシュをしていき

私は1000万円という目標をしっかりと立てていたのでトレードはスムーズに行きました。

10万円からトレードを始めた場合、700pips(1$)を必要とするので果てしなく感じるかもしれないですがロット数が増えればノルマ達成は簡単になります。ロット数が増えると、自分が指定したレートで約定させることが難しくなるのでそれも頭にいれておきましょう。

また、含み損が発生した時に短期的に考えるのではなく損失を少なくすることができたと柔軟に考えることがFXには必要なので負けたと思った時は潔くポジションを解除しましょう。

 

ハイレバレッジトレードのまとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、ハイレバレッジトレードのメリット・デメリットやおすすめのトレード方法を紹介しました。FXは金銭管理が一番大切です。トレードと負けた時と思った時は潔く負けを認めて、勝っている時はより利益を伸ばせるように頑張りましょう。日本では、ハイレバレッジではトレードができないのでこの機会に海外FX会社を利用してのトレードを検討してみてください!

-FX講座

Copyright© ゼロ円から始める海外FX  , 2020 All Rights Reserved.